【第11日目】

37日(金)

今日も午前中は中国語の授業だった。この授業もあと少しで終わりだと思うと、とても名残

惜しく感じる。昼からは皆で中国茶を見に行った。想像していたよりもずっと規模の大きい

、お茶の卸の店が沢山連なっている所で、恐らく一人で此処に来てもどの店に入れば良いの

かさえ分らなかっただろうと思う。宏山茶廠という店でいろいろなお茶を試飲させてもらっ

た。中国のお茶の入れ方、作法は日本のお茶より気取らない印象を受けた。最初に飲んだお

茶が飲むと深い香りが口の中で広がり、体が洗われるような美味しさだった。後で値段を聞

くと
500gで3000元(約45000円)だと言うから納得した。夜は来年神戸女子大に留学に来

る華南師範大学の学生たちと一緒に陶園の
2階で食事をした。何回話しをしてもこちらの日本

語学科の生徒たちの日本語の堪能さには驚かされる。私たちも中国語を頑張らなければなら

ないと刺激を受けた。