【第2日目】

227日(水) 

①              日は初めてな事がいっぱいの一日だった。午前中は中国語の授業を受けた。最初のうちは発音中心の授業で、中国語の基本から勉強できてよかった。先生は英語を使いながら中国語を教えていたので、十分に中国語を理解できない私にとっては、とても助かった。午後からは、バスに乗って広州観光に行った。初めて中国の街中を歩いたけれど、人の多さにとても驚いた。日本では平日にあんなに多くの人が買い物をしているのはバーゲンでない限りあまり見ない光景だと思った。今日はあまり中国語を話せなかったけど、明日はもっと積極的に話していこうと思う。

②              今日から授業が始まり、最初の授業でとても緊張していましたが、いざ授業をすると丁寧に発音からやっていったので、とてもやり易く、これならこれからの授業についていけそうだと自信がつきました。午後からは広州の繁華街に行き、中国の人の生活スタイルを見ましたが、そこは日本も中国も一緒で女の子の買い物姿が目立ちました。あと、路上に結婚式の写真もかざっている店が多いことにも驚きました。晩からは日本語学科の人達と交流できて楽しかったですが、日本語ばかり話させて、私も早く中国語を話せるようにならなければとあらためて思いました。今日一日を過ごしてみて、これならこれからの数日もなんとかなると思いました。

【第3日目】

228日(木)

①              中国に来て3日目、寮生活にも少しずつ慣れ、友達も出来て来ました。しかし、寮内で出会う各国の人々や、学内でお世話になっている先生方、訪れる先々での方、そして観光案内などお世話をしてくださる鄭さんなど、コミュニケーションとしていろいろな話をしたいのに、中国語が全然話せないため会話ができなくて辛く、もどかしいです…。たった何日かしか中国にいないけど少しでも聞き取ったり、話したりできるように、たくさんの人と話したり、TVを観たりして、頑張りたいと思います。今日は、廣州博物館に行って、中国の歴史を知ったり、貴重なものを見て回りました。中国語や英語で書いてあるために、いまいちよく分らないところもありましたが、偶然にも日本人観光客団体がいたため、そこのガイドの話を聞けたので、得しました♪宝石のようにキラキラしたものもあり、感動したところも!あと、陶器づくりも楽しかったです。お茶碗を作りました!焼いて出来あがったものが早く見たい!!ごはんは主に食堂で食べていますが、どれも油っこくてきつい、と思いきや、意外とあっさりしてて食べやすいものもあり、胃にちょうどいいです!!来たからには色んなものを食べようと思います☺♥。全部制覇してしまいそう…。

②              今日は授業が二回目。一回受けているということで皆若干リラックスして授業を受けることが出来ていたように思う。授業は日本で受ける中国語より実践に役立ちそうなものが多くてとても有難い。個人的には「」と「元」、「毛」と「角」の違いを知れたことが嬉しい。これからの授業も楽しみだ。今日は午後からは越秀陶器作りに行った。初めての体験だったがいろいろな人の助けがあって何とかできた。工場の人も優しくてとても助かった。出来上がるのが楽しみだ。また帰りには広州博物館に行くことができ、史学の私としてはとても嬉しかった。全体的には此方での生活にも大分慣れてきたように感じる。今日は店員さん相手に「我要」が通じたことが嬉しかった。「谢谢」と「不起」は出来るだけ使うようにしている。中国人の話す会話は今はまだ一部の単語は聞き取れるが文全体の訳が出来ないレベルだ。この研修から帰る頃には少しでも語学力が上がることを願っている。

【第4日目】

229日(金)

①              今日は学校から車で15分ほど走ったところにある白雲山に行きました。白雲山の山頂までは、30分ぐらいで着いたので、それほど高くない山でした。白雲山は森林が広がっていて、「広州の肺」と呼ばれるのも理解できました。山頂ではアーチェリーやゴルフなどのゲームを体験しました。一番面白かったのは、「滑道」というボブスレーのような滑り台でした。ゲームを体験した後は、白雲山で昼食を食べました。歓迎会の時のような食卓で、10皿の料理を食べました。みなさん「好吃!」と言っていて、ほとんどの料理を食べつくしました。私が一番おいしいと思ったのはチャーハンで、自分の想像していた味とそのままの味だったので食べやすかったです。途中で雨が降ってきたので白雲山から下りることになり、下りる途中に雨よけに夫婦二人でスーパーの袋をかぶっていました。初めて見る光景で衝撃的でした。一度3時頃に宿舎に戻り、それから、留学生の皆さんと地下鉄に乗って「岗顶」という駅にあるスターバックスに行きました。店員さんが英語で話してくれたので、なんとか注文することができました。1時間ほどした後、解散して三谷先生と4人で大学に戻り、一緒に晩ご飯を食べました。今日一日とても充実した内容の一日でした。

②              今日は朝から白云山という、広州の有名な山に行きました。あいにくの雨でしたが、EURO BANGY?をしたり、ミニゴルフ、芝のソリ?みたいなのをして中国らしさを体感しました。その後一度大学に戻ってからは、みんなでSTAR BUCKSに行きましたよ。スタバの内装は全世界ほとんど一緒なので、とても落ち着きました。そして今日とても楽しかったのはEnglish corner。華南師範大学の日本語学科の燕璇さんとシ娟さんに誘ってもらって参加しました。学内外から人が集まってみんなが英語で話をするというものです。自分の事をいろいろ話したり、人に沢山質問したり、色んな人に出会ったり見たりすることができました。それから4人で、学食で、日本や中国について好きな物の話をして、住んでいる所は違っても、共通していることも数多くあるんだなって思いました。中国の女の子はみんなかわいいです

【第5日目】

31日(土)

①              日の授業では場所の尋ね方と答え方をやった。昼は昨日通った電気屋の辺りまで行ってマクドナルドで昼食を食べた。注文に失敗してバナナパイが10個出てきてしまったのでかなり焦ったけど取り換えてもらえて良かった。帰りに大きなデパートを二つまわった。1600に集合してチンさんのお宅に行った。17階にあってとても眺めが良かった。餃子は三種類具があって皮は日本のものより小さめでぶ厚くやわらかだった。大量の餃子を調理してもらう間、屋上に上がらせてもらい景色を眺めた。部屋に戻って餃子を食べ始めたけど調味料も日本とちょっと違っていたけど美味しかったし、小豆のお粥もとても良かった。食べ終わってからもたくさん話が聞けてとても勉強になり、楽しかった。最後学校に着くまで親切にしていただけて嬉しかった。日本語で対応していただいたので、次はこちらが中国語で答えられるようにしたい。

②              今日は朝起きてからカーテンを開けると、とても晴れていました。一日中とても天気が良くて暑いくらいでした。午前中は授業へ行き、今日の授業では「在哪儿?」など場所を示す言葉の練習をしました。先生にも日本語の挨拶を教えてあげたりして、授業中は中国語や英語だけなので、とても勉強になっています。午後からは、みんなで中国で初めてのマクドナルドへ行きました。味は日本よりもスパイスがよく効いていて、美味しかったです。4時からは餃子作りのため、学校から歩いて20分くらいのところにある、お宅へ行きました。周りのマンションよりも一段とすごいマンションで、家の中はとても広かったです。ベランダからの広州の眺めは、とっても素晴しかったです。餃子を作る時、日本の餃子の皮とは違っていて、少し集めの皮だったので驚きましたが、その分、味がしっかり守られているようで、食べた時に中から肉汁がジュワっと出てきたので、感動しました!!そして、餃子のタレも日本とは一味違って本当に気に入ってしまったので、帰りに、どのタレが教えてもらって買いに行きました。そのお宅で、中国語も教えていただきました。自己紹介の時の言い方や発音などを主に教えていただいて、さっそく「我喜吃ナットウ(納豆)」を覚えました。中国に来て最近少しずつ中国語を使ってみてはいるのですが、やっぱりお店の人や寮で、ばったり会った人など自分の中国語が通じたときは、本当に嬉しいです。これから、日本に帰るまで少しでも多くたくさんの人と話しをしたいです。

【第6日目】

32日(日)

今日の中国語の授業では、中国語での自己紹介を教えてもらいました。簡単な表現ですぐに使えそうなので、中国人と話す時に使ってみようと思います。午後からは、太極拳を教えてもらいました。初めてだったので、どういうものなのかよくわからず、先生の動作のマネをしていましたが、なかなか覚えられなくて、苦労しました。2時間太極拳をしていたので、結構疲れたけれど、覚えるのに必死だったので2時間がすごく早く感じました。夜は、日本語学科の学生と一緒にごはんを食べて、大学内を案内してもらいました。普段使っている教室も見せてもらったけれど、日本の大学の教室とほとんど同じでした。教室のクーラーは、気温が40℃の日しか使わないといっていたのに驚きました。今日大学内を案内してくれた2人の学生は、日本語がすごく上手で、いろんな事を教えてもらいました。残りの1週間は、もっと中国人の学生と交流していきたいです。

【第7日目】

33日(月)

今日は一日中ずっと自由な時間だったので、朝食を学食でとった後、ぶら~っと構内を歩いて回りました。東門には大きめのスーパーがあって、そこに日本のお菓子などがあって、見てるだけでも楽しかったです。お昼からは4月から神女に来る留学生たちと一緒に、天河城へ行き、デパートなど見て回りました。途中、タピオカジュースを飲みました。ホットタピオカや日本にはない味のタピオカもあって、びっくりしました。中国の留学生たちは、たった2年間ほどしか日本語を勉強してないのに、すごく上手くて、私たちよりも日本のことを知っていて、びっくりしました。留学生の方々と話してて、日本とは違った文化や習慣がたくさんあることを教えてくれました。例えば、朝急いでいる時は、お粥をストローで飲んだり、寮は人数が多いため全員手で洗濯物を洗って干して→着る分だけ取り込んで後は干しっぱなし。また、雨の日は、お風呂の水が冷たかったり、などなど、聞いていて、日本では絶対あり得ない事がいっぱいあって、勉強になりました。2人が日本に留学に来た時には、今度は日本の変わった習慣や文化をたくさん教えたいと思います。

【第8日目】

34日(火)

南師範大学に来てもう一週間が過ぎてしまいました。本当に2週間なんて、あっという間。だいぶ生活にも大学にも、中国にも慣れてきて、毎日が楽しいです。今日は、午前語の授業を受けました。先生は明るいし、優しいし、とってもわかりやすい授業をしてくれます。授業の後は氏書院へ行きました。普通の街の中に歴史的な建物がそのまま残ってて、すごくびっくりしました。中に入ってからも、驚きがいっぱいでした。建物の屋根の所にものすごく細かく彫刻がしてあって、色鮮やかに塗られていて、とても100年以上も昔の建物とは思えませんでした。今日も沢山の物に出会った一日でした。Talk about luck!! ♥♥

【第9日目】

35日(水)

今日もすごく天気が良くて、一日中暑かったです。午前中は授業でした。今日は発音の練習をしたり、会話の練習をたくさんしました。最近は授業にも慣れてきて、とても楽しいです。昼は食堂でこの学食のお気に入りのチャーハンを食べました。この食堂のチャーハンは特に美味しいです。それから、今日は宝墨園に行きました。園内はとても広くて一周するのに2時間くらいかかりました。園内は大きな池があったり博物館があったり、見るものがたくさんあって楽しかったです。建物の造りや色使い、絵がすごく中国っぽくて、全部が興味深かったです。宝墨園は広州市内よりも離れているので、バスで行く途中に街の雰囲気がだんだん変わっていく様子がよく分りました。広州市内はマンションばかりですが、離れていくうちに一軒家がたくさんありました。街も市内みたいにごちゃごちゃしていなくて、さっぱりしていました。街の風景を見ていただけでも、とても面白かったです。

【第10日目】

36日(木)

今日は朝からヤムチャを食べに行きましたが、私が思っていたものとは全然違っていて普通に料理が出てきた時はびっくりしました。でも料理は全部おいしかったです。その後は私と菜々美と三谷先生とで王墓博物館に行きましたが、そこではじめて地下鉄の乗換えをしましたが、日本よりも簡単で乗換えがし易かったです。博物館では王墓の中に入れて嬉しかったです。他に玉衣が見れて、博物館は行って良かったです。帰りはマックに寄って行きましたが、そこで先生の大胆さに驚きました。中国で買い物をするにはあれくらいの勢いが必要なものだと感じました。夜はクルージングに行きましたが、夜景がとても綺麗で見れて本当に良かったです。(三谷先生がやけに写真写りを気にしているのが気になりました。)

【第11日目】

37日(金)

今日も午前中は中国語の授業だった。この授業もあと少しで終わりだと思うと、とても名残惜しく感じる。昼からは皆で中国茶を見に行った。想像していたよりもずっと規模の大きい、お茶の卸の店が沢山連なっている所で、恐らく一人で此処に来てもどの店に入れば良いのかさえ分らなかっただろうと思う。宏山茶廠という店でいろいろなお茶を試飲させてもらった。中国のお茶の入れ方、作法は日本のお茶より気取らない印象を受けた。最初に飲んだお茶が飲むと深い香りが口の中で広がり、体が洗われるような美味しさだった。後で値段を聞くと500gで3000元(約45000円)だと言うから納得した。夜は来年神戸女子大に留学に来る華南師範大学の学生たちと一緒に陶園の2階で食事をした。何回話しをしてもこちらの日本語学科の生徒たちの日本語の堪能さには驚かされる。私たちも中国語を頑張らなければならないと刺激を受けた。

【第12日目】

38日(土)

今日は12時から日本語学科の方達5人と昼食を一緒に食べて、その後部屋を見せてもらう約束をしていました。お昼は陶园の二階で食べました。以前から一度友達同士で行きたいと思っていました。お昼を食べた後14時ごろに西側にある女性宿舎にお邪魔しました。その宿舎は寮の中で一番新しい宿舎なので、想像していたよりもキレイでした。部屋は二段ベッドが2つと机が4つあるだけで、無駄なものがないように見えました。暇なときは何をしているか聞くと昼寝をしたり、勉強をしたりしていると言われました。日本語学科の友達の話を聞いていると中国人の勤勉さが伝わってきました。18時からは日本語学科の唐さんと鄭さんと一緒に広州で一番有名なサーカスを見に行きました。とても広い広場に人がぎっしり埋まっていて、私の想像をはるかに超えるものでした。中国人の反応は日本人の反応とは違い、喜びや興奮を表面にとても強く出していました。サーカスは1時間ほどで終了し、9時半頃には大学に戻ってこれました。今日はさまざまな体験ができて良い経験になりました。

【第13日目】

39日(日)

午前中は終了試験でしたが、授業の復習みたいなものだったので、皆落ち着いて受けられました。先生は、できなかった発音は何度もやって、わかりやすく丁寧に指導してくださったので、短い期間だったけどとても勉強になりました。終了式典ではこちらの先生方と写真が取れて嬉しかったです。昼食は第三食堂で食べたんですが、ここで食べるのもこれで最後だと思うと名残惜しかったです。送別会の時間まで一得路や天河城の辺りまで買い物に行って歩き回っていたので、送別会では疲れが出て、あまり会話が出来なくて申し訳ないと思いました。二週間は長いと思っていたけれど、実際過ごしてみるとあっという間で、とてもすばらしい環境で様々なことを学ばせてもらいました。明日には帰国なので忘れ物がないよう、しっかり確認しようと思います。