神戸女子大学 各学科のご案内       

 この頁は、ホームページ作成時(2001年2月)における
 神戸女子大学の学科構成に基づいて説明したものです

        文学部文学科
           国文専攻


 古来、哲学、歴史学と並んで、文学は基そう学といわれ、実学とか応用学
とかいわれる分野の学問とは性質を異にしています。つまり、国文学専攻で
学ぶ目標は、国文学を学ぶことを通して、どの分野にも対処できる低力を身
につけるということにあるわけです。
 この目標を達成するために、神戸女子大学の国文学専攻には、高い研究
レベルを保つ教授スタッフを幅広く揃え、また、図書館には、関西随一の
能楽資料室の他、近世演劇を主とした<森文庫>等、貴重な文献資料充実
させています。つまり、学生が個々の関心、興味に応じて、上代から近代
まで、どの時代の文学・語学でも自由に研究することのできる環境を整え
ているということです。
また、国文専攻に属する、学生、大学院生、教員をその構成メンバーとする
「神戸女子大学国文学会」があり、講演会や研究会を開催したり、機関誌『神女
大国文』を発行するなど、学科が一体となった活動も行っています。

                    英 文 科

  一年次で実用的な英語の運用能力(聞く、話す、書く、読む、な4技能)を伸ばし、英語で書かれたものを読み、自分の考えを英語で表現する為の基礎的な語学力を養います。アメリカ人やイギリス人の先生による少人数のクラスで、中・高校で学んだ英語を、自己表現の為に「使える」英語力を身につける訓練をします。
   二年次からは、英検やTOEFLの受験コース、翻訳・通訳の授業もあり、多様なクラスで、一年次に養った基礎学力に更にみがきをかけて、多角的にアメリカやイギリスの文化・文学・社会について広く学びます。また大学での勉強だけでなく、アメリカのハワイ大学での語学研修や短・長期留学を通して、現地で異文化を体験学習できます。



              史 学 科

  日本古代史、日本中世史、日本近世史、日本近現代史、日本宗教史、日本考古史、日本民俗学、東洋史、西洋史のそれぞれの分野を網羅する専門科目とゼミ開講されており、日本史に関しては大学院博士課程まで設置され、高度な研究と教育が行われています。
  また教員・院生・学生を会員とする神戸女子大学史学会があり、学術雑誌『神女大史学』を発行し、教員や院生の研究論文や史料紹介などを掲載されることもあります。神戸女子大学史学会の行事としては他に研修旅行があり、希望者を募って2泊3日で全国各地の史跡や博物館の見学を行っています。
文学部文学科


                 教 育 学 科

   大きく変容する現代の社会。ますます多様化す高度化する現代社会にあって、人間が社会に適応し、よりよく生きるためには「教育」が不可欠です。すぐれた人材をいかに育成確保するかということが、今日の社会の重要な課題となる一方で、偏差値教育、登校拒否をめぐる問題やいじめ、非行などの人間形成の問題が大きな社会問題となっています。こうした状況にあって社会と文化の発展に重要な役割を果たす「教育」について深く、かつ多面的に理解する必要がますます高まっているのです。人間と社会についての理解を深め、人間形成のしくみや教育のありかたをまなぶことは「先生になるために基礎教育」ですし、さらにそれだけでなく、これから社会をよりたくましく、より豊かに生きるためにきわめて重要なことといえましょう。
教育学科は、「世界の平和と人類の福祉に恒Mしようとする嗤葎な溺來の圄撹々学の建学の精神をバックボーンに、総合人間科学的な教養をもって、こころ豊かな社会の現実のために、教育界にもとより社会の各方面で献身的に活躍し、積極的に責任を果たすことのできる人間を育成することを、めざましています。
教育学科に学ぶ皆さんは、この教育理念・方針にもと、人間の成長・発達、人格形成の過程、人間の生涯にわたっての役割と人間的成熟の諸相、自己実現、情報化社会における人間のあり方などについての基本的な理解を深めると同じに、多岐にわたる教育の営みについて科学的に探求する技法を身につけることが期待されています。そして、教育学科に学ぶことによって、さらに皆さん自身に人間的成熟がすすめられ、「愛と奉仕の精神」をもってすすんで責任を果たす社会人へと成長することが期待されています。


家政科

家政学は従来より、大きく衣・食・住と専門分化
されていたが、本学ではそれらを総合的にまと、
家政学全領域にわたって奥深く研究することが
大きな特色です。「食」の分野では、健康で豊かな
食生活を目的とした新しい学問分野を追求します。
「衣」の文野では、素材、繊維製品の物理的・化学的性質の理解染色、カロエ、造形、デザイン、服飾学、美学、環境生理学などの分野を学びます。「住」の分野では、住居学、インテリア、環境デザインなどの専門分野を学びます。さらに、講義だけでなく、理解を深めるための
実験、実習の時間を多くとっています。
   クリスマス会の時、家政科の先生と信太先生の
ご指導で、私でも、ケーキを作ったよ。^−^
   しかも、美味しかったです。